身体の不調から元気になる方法

こんばんは!大阪市住之江区で整体&トレーニング指導している小林央和(てるかず)です。

最近【中村天風(先生)】という方の書籍を片っ端から読んで、とても共感でき、感銘を受け、

この考え方や実践はとても皆さんの役に立てると思ったので、共有します。

特に身体の不調がある方はより効果的になるのて、参考にしてみて下さい!

↓↓↓↓↓↓↓

★朝やること

①「今日も又活きていたことを心から感謝する」ということを、今日1日の生命への出発第一歩とする。

②寝具は必ず自身で整理整頓することを心がける。

③起床したら、直ちに朝の新鮮な空気の中から充分に活力を吸収するため、常に肛門を締めて肩を下げてお腹に力いれながら、深呼吸を2.3回実行する。

④洗顔は裸体もしくは半裸体で行い、皮膚や免疫機能を高める。(女性な下着きる)

★日常の心がまえ
・無心、生命力を高めるために1日トータル30分安定打座法を実践する。

・何事も、現象を客観でその価値批判を行うことなく、すべて価値・意味の有るものとして取扱う心組み

・富士山のように、どんな目にあっても、どんな苦しい目、どんな思いがけない大事にあっても、日常と少しも違わない平然としてこれを対処する

・寝床に消極的なことを絶対入れない。寝る前に自己に暗示を命令する。

病を治したいときは鏡の自分の眉間に向かって『お前は元気になる!』と真剣に1回だけつぶやく

朝起きてすぐや日中など寝る前に暗示したことに対して『私は元気になった』など消極的にならない状態になれるように何回も言う(できればこれも鏡を使った)

・常に怒らず、恐れず、悲しまず。全てありがたい方面から考え、取り越し苦労しない

・どんな時でも昼間、生きている間はできるだけ明るく朗らかに、いきいきと勇ましく心がける。

・感情や感覚の衝動、刺激を受けて驚き怒り、悲しみがあれば
まず第一腹に力をいれ、同時に肛門をしめて、肩をおとす。

・理想をはっきり映像化させる
心の想像力を絶え間なくはっきり描く。

・何ごともはっきりした気持ちでやる癖をつける=気を散らさずに行う

●食事に関する注意
できるだけ植物性のものにして(全体の7割以上)
常に体は弱アルカリ性にする

刺激の激しいものは沢山たべない!(しょうが、辛子、わさびなどは少量にする)

午前はできるだけ淡白なものを摂ること

病人には、例え滋養物でも本人の嗜好しないものは勧めぬこと

時候外れのものはできるだけ避けること

量は腹八分目がベスト
できる限り咀嚼する(食物の形がなくなるまで、どろどろの液体化するまで)

心から感謝と微笑みでたべる

●飲み物に関する注意
極度に熱いもの、冷たいものは飲まない。

水やお茶が良い、特に緑茶はアルカリが豊富。

砂糖や糖分はほとほどにする

●住居に関する注意
できる限りに風通しの良いところ
日当りの良いところ良い。
1日10分でも空気の入れ替えを心がける。

●病を早く治すコツ
・「何クソ!これしきの病に負けるものか!」と精神状態を元気にする。

病が治るから元気になるのではなく、元気だから病が回復すると考える。

元気のあるものは必ず健康である。

治る時が来れば治る!と考え、病の回復を催促しない。

関連記事

  1. 最高のリフレッシュ方法!頭痛も改善!

  2. 誰でもぐっすり眠れる方法!

  3. 最強の寝たきり予防法

  4. 家の階段でぐきっとなって…どうしたら膝の痛みが緩和されるのか?

  5. 物忘れを防ぐ方法

  6. 生活習慣を変えて身体を変えたい方へ

最近の記事