出来る理由を考える

写真:滋賀県 三島池https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

こんにちは!大阪市住之江区で
整体&トレーニングの活動している

小林央和(てるかず)です

「私にはもう無理」とよく諦める人がいます。

痛いから
しんどいから
時間がないから
お金がないから
私とは違うから

と、できない理由をつい探してしまいます。

長期間、身体の不調が緩和しない方の
お話を伺うと

「何故しんどさが無くならないのか?」と
考えすぎて、しんどい理由を次から次へと
見つけてしまうようです。

その結果
「私には無理」と結論づけてしまう為、
不調から抜け出せなくなる……
そんな方が多いように感じます。

つまり【できない理由】を
探してしまうのです。

僕も元々言い訳が多く
【できない理由】ばかりを探していました。
そしてその頃の自分には
全く自信をもてませんでした。

学生の時に通っていた古武術の道場の先生には
「(結果に対しては)絶対に言い訳するな!」
と強く叱られたこともあります。

その時に初めて自分自身で【できない理由】
を作り上げていたことに気づきました。

自分が尊敬する先生達の発言や行動を
観察していると、必ずある事を
実践されていることがわかります。

それは
必ず『どうすれば出来るようになるのか』を
考え【出来る理由】を探しているのです。

一流と感じるアスリートやビジネスマンの
発する言動にも、
これは共通しているように感じます。

僕もトライアスロンを始めたころは
借金もあり、体型も小太りで、運動神経が鈍く
「来年には大阪城トライアスロン(エイジ)で優勝する!」と話すと

周りの友人には「頭がおかしい」「できる訳ない」と言われることもありました。

しかし、「なぜできないか?」のではなく「どうやったら出来るか?」と考えると

色んな良いアイデアが浮かんで、
周りからは絶対無理と言われていたことも、
実際には達成可能なことが多い
と実感しています。

仕事や身体の不調で困った時は、
「○○だからできない」と
結論づけるのではなく、

「どうやったら良くなるのか?」
を考えてみてはどうでしょうか。

ご自身の中で、何かが変わるかもしれません。

もし、一人では出来ないと思った時は、
僕が「出来る理由」を見つけるお手伝いを
させていただきます。

必要であれば、若干名で
無料スカイプ相談を受付しています。

生涯仕事のできる状態になりたい

肩こりや身体の不調をなくしたい

マラソンやトライアスロンを
できる体力を身につけたい方

などお考えの方は今すぐ
「カウンセリングのみの申し込み」にて「無料でスカイプ相談orカウンセリングを希望」と

問い合わせいただけたらと思います。

関連記事

  1. 耳がガーとふさがった感じがする〜耳鳴り改善法〜

  2. 活動理念について

  3. 【90歳の方でも歩けない状態から日帰りバス旅行へ】 

  4. 肩こり・膝痛のための座り姿勢チェック

  5. 自信の高め方

  6. 若々しい血管を保つための7個のポイント

最近の記事