どうしようもない痛みの対処法

写真:鹿児島県 白谷雲水峡https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

こんばんは!大阪市住之江区で
整体&トレーニングの活動している
小林央和(てるかず)です。

身体の不調で困っている方の中には
病院へ行ってレントゲンなど検査しても
異常なく、原因がわからない痛みが
続く時があります。

痛みが慢性化すると
夜も眠れなくなってしまい、さらに
ストレスがかかってしまいます。

そのような方ほど
寝れないことや過剰なストレスにより
頭部に熱が発生します。

その状態で頭部を触ると
頭が熱くなっており、

脳からの神経伝達の異常が
痛みの原因の1つとして
存在すると考えています。

原因がわからないけど
とにかく痛い時に
すぐにできることとしては

1.痛みのない方向や楽になる状態や
タイミングを見つけ、痛みを避ける

2.呼吸やリラックスできる音楽で
心を落ち着かせる

3.食事や運動などの生活習慣を変える

ということです。

1.に関して
どうしても痛みが慢性化すると、
痛みを気にしてしまい、

痛みを感じる神経が興奮して
敏感になることで脳が痛みを感じます。

反対に痛みのない状態や
楽になる良い状態を探すことで、
思考も前向きになり、徐々に
痛みから抜け出せることがあります。

常に痛みがあっても、
これなら痛くない!というところを
見つけて、痛みを避けてみて下さい。

2.に関して
痛みがあると、どうしても心が乱れ
イライラしてしまいやすいです。

そのようになると、交感神経が
常に優位となり、しんどくなることや
痛みが感じやすくなります。

そのため呼吸や音楽などで
副交感神経を優位にすることで、
心身ともにリラックスし
身体のストレス軽減になります。

背筋伸ばした状態で
鼻からゆっくり息吸って、
ゆっくり長く息を吐く
など繰り返し続けて見てください。

3.に関して
お話をよく聞くと、病院に行っても
よくわからない痛みの根本的な原因は
生活習慣からきていることが多いと
感じます。

痛みが発生した時期、原因を探ると、

・仕事による過剰なストレス

・過度な運動不足により筋力と血流が低下している

・タバコや暴飲暴食により内臓の疲労や疾患になっている

などが重なり、痛みに
つながっているように感じます。

どうしても1人では変えにくい部分なので
仕事や生活環境を変えたり、
トレーナーやコーチとなる人を
見つけるのが良いと思います。

これら1〜3を修正できると
現状より良い方向へ
向かうことにつながります。

どうしても痛みがある時は、中々辛くて
意識しにくいかもしれませんが、

無理矢理でもそういう環境を
作れたらと思います。

——
追伸:
——
ぜひ、ブログの感想や
質問をお送り下さい。

「こんなこと聞いていいのかな?」
「こんな簡単な感想でいいのかな」

など、抵抗があるかもしれませんが
お気軽に送っていただけたらと思います。

お問合せにてあなたの質問・感想を
お待ちしております!

お問合せ

■肉体改善を希望される方はこちらです

■Facebookはこちら

関連記事

  1. 誰でもぐっすり眠れる方法!

  2. 自宅でも短時間で体温を高める方法

  3. 誰でもできる!筋力をつける方法

  4. 運動を1人でも続けれる方法

  5. 高血圧の生活改善6つのポイント

  6. 若々しい血管を保つための7個のポイント

最近の記事