ドライアイ、目の疲れの改善方法

こんばんは!大阪市住之江区で
整体&トレーニングの活動している

小林央和(てるかず)です。

スマートフォンやパソコンの見すぎ、
睡眠不足や細かい作業に集中したりすると、
非常に目が疲れてきます。

目の疲労が蓄積すると
目がしょぼしょぼしたり
目の奥が痛くなる、めまいがする
などの症状が出ることがあります。

また頭痛などにもつながり、
肩や首がコリとなり、集中力が低下します。

普段は目の周囲の6本の筋肉が
目玉をちょうど良い位置になるように
眼球を動かしています。

目の筋肉に働きかける神経
(滑車神経、動眼神経、外転神経)が
上手く機能することで

6本の筋肉がバランスの取れた緊張感となり、物をしっかり見ることができます。

しかし、疲れてくると
筋肉や神経へ血流が不足し、
栄養が行き届かなくなります。

そこで、涙の働きが重要になります。

目に栄養を補給してくれるのは涙です。

涙の原材料は血液からできていて、
眼球全体を覆うことで目玉を保護したり、
栄養を行き届かせてくれます。

眼の疲労が強く、薬やサプリに
頼っても、中々改善しません。

目の疲れがひどい時は直接目へつながる血管
(内頚動脈や眼動脈)を上手く刺激できると
改善につながります。

またドライアイで悩まれている方は、
まぶたを落として、目の縁まつ毛の間
(マイボーム腺)をさわることで

そこにある油脂のかたまりをひろげ、
楽になることがあります。

もし、目の疲れやドライアイなど体の不調で
本当に悩まれている方は
「目の疲れをどうにかしたい」など
メッセージをいただけたらと思います。

何か力になれるかもしれません。

また肩こりや首こりからも影響する場合が
あるので、目の疲れと併用して症状のある方は
ぜひ!肩こり・膝痛の教室に
参加していただけたらと思います。

※勉強会の詳細↓

勉強会の詳細

場所:大阪市住之江区東加賀屋3-11-30
(大阪メトロ四つ橋線「北加賀屋駅①号出口徒歩8分)
膝痛の勉強会
肩こりの勉強会

※問合せいただけたら、
当日の10分前に
北加賀屋①号出口へお迎えに行きます。

日時:毎週水曜日15:20~(膝痛)
毎週土曜日12:20~(肩こり)
参加費:500円
持ち物:ボールペン、タオル、水
講師:小林央和

申込み:お問合せにて「名前」と
「〇月〇日に肩こりor膝痛の教室に参加したい」と
お伝えください。

お問合せ

LINE@も始めたので、こちらからも申し込みが可能です。
LINE@ID:@ifu8839s

関連記事

  1. 最高のリフレッシュ方法!頭痛も改善!

  2. 肩こり・膝の痛みのための立ち姿勢チェック

  3. 膝の痛みや肩こりでも座りながらできる運動

  4. 若々しい血管を保つための7個のポイント

  5. 痛みがある時の運動について

  6. 腰痛と便秘が改善した方法

最近の記事