高血圧の方へ!血圧を下げる方法

こんばんは!
大阪市住之江区を中心に出張で
膝の痛みと肩こり専門に
整体&トレーニングの活動をしている

小林央和(てるかず)です。

「血圧が高いですね」と健康診断で言われたと話される方が多くいます。

年齢を重ねるにつれて、血管が硬くなり、血圧が高くなる人が増えています。

また食べ過ぎや運動不足などに
よって肥満気味の人も
血圧が高くなる傾向があります。

血圧は血液を押し出す際に
動脈の内側にかかる
圧力のことです。

僕の整体&トレーニングに最初
来られるお客様の中には高血圧と
診断されていることが多いです。

高血圧とは診察で測定した際に上の血圧(収縮期血圧)が140以上または下の血圧(拡張期血圧)が90のときに判断されます。

血管は伸びたり広がった
り弾力を持つことで

裂けたりしないように
収縮しています。

血圧が高くなると
血管の内壁が傷つきやすくなるので

だんだん厚くなり、柔軟性を失うことで動脈硬化などにつながります。

そのため血圧が高くなると心筋梗塞、脳梗塞、脳出血など様々な病気にを引き起こす危険性が高くなると言われています。

労働省が実施している患者調査によると高血圧の人は2014年の時点で1010万8000人と推計されています。

統計的にも年々、食生活の変化や運動不足なのによって高血圧が増えているみたいです。

僕のところに来られるお客様も
高血圧で服薬される方が多く、

血圧を下げるためには

塩分を減らす
肥満解消
喫煙
運動
がとても大事だと考えています。

そのため問診の際には
必ずそれの現状のお話を
伺っています。

ただ運動が大事と言われても
多くの方がどのように
運動したらいいのか分からない
というのが本音だと思います。

高血圧を改善するための
運動としては

ほぼ毎日ややきつい
と感じる程度の運動を
30分以上行うことが目標と
されています。

そのことも踏まえて、
僕が行っているウォーキング教室やランニングサークルは30分程度の運動量を意識しています。

中には膝の痛みや肩こりなど身体の不調で1人では上手くできない方もおられるので、

そのような方は僕の整体&トレーニングを受けていただています。

また2ヶ月で肥満解消できる
環境も用意しています。

もし興味がある方は無料カウンセリングも受付しているので、
お問い合わせ下さい。

また次回は高血圧の生活改善のポイントについて書いてみます。

 

お問合せ

お客様の声

膝の痛みでお悩みの方はこちら

肩こりでお悩みの方はこちら

ダイエットしたい方はこちら

—————————————-
また【膝痛のためのメルマガ】の登録募集中です。

登録していただいた方には
体力が無くても全身がほぐれる
「全身の血流アップ運動法」の資料を
プレゼントします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
膝痛についてさらに知りたい方はこちら

関連記事

  1. 肩こり・膝の痛みのための立ち姿勢チェック

  2. 若々しい血管を保つための7個のポイント

  3. 腰痛と便秘が改善した方法

  4. ドライアイ、目の疲れの改善方法

  5. 痛みがある時の運動について

  6. 出来る理由を考える

最近の記事