誰でもできる!筋力をつける方法

こんばんは!大阪市住之江区で
整体&トレーニングの活動している

小林央和(てるかず)です。

立ったり、歩いたり、
重力に対抗するためには
【筋力】が非常に大切になります。

また「膝が痛くなって整形外科にかかると『膝周りの筋力が低下している』と言われた」と話される方もいます。

重力下では筋力は衰え、
年齢を重ねるほど、
しっかり運動をしていないと
衰えに追いつかなくなります。

筋肉をつけるためには
成長ホルモンの分泌が
非常に大切になります。

成長ホルモンは
筋肉や骨や内臓だけでなく、
皮膚や造血細胞までも強くし、
また、それらを修復するために分泌されます。

その修復に使った余りが
筋肥大に役立てられるのです。

いくらトレーニングしても
成長ホルモンが不十分だと
筋肉はつきません。

成長ホルモンをしっかり
分泌させる方法の1つとしては

「体温を高める」
ことがポイントになります。

どうしてもストレスが多いと、
血圧が高くなり、血流が低下し
体温が低くなります。

成長ホルモンは体温37.0℃程の状態が
一番出やすいとされています。

僕自身の話ですが、以前はいくらトレーニングをしていても筋力がつかないことがありました。

でも今では体温の低下が
原因だったと感じています。

今運動していても、
筋力がつかないという方は
体温の低下によるもの
かもしれません。

寒くなってきたので、
身体が冷えないように
運動の前は特に
気をつけていただけたらと思います!

また身体を温めることで膝痛などの軽減にもつながります。

もし意識しても、
中々思うように膝痛がとれない!身体がしんどい!という方は

水曜日に膝痛教室、
土曜日に肩こり教室
を開催しているので、
その際にご相談ください。

勉強会は3名様限定なので、興味ある方は
ぜひ、お申込み下さい。

勉強会の詳細

大阪市住之江区東加賀屋3-11-30
(大阪メトロ四つ橋線「北加賀屋駅①号出口徒歩8分)
膝痛の勉強会
肩こりの勉強会

※問合せいただけたら、
当日の10分前に
北加賀屋①号出口へお迎えに行きます。

日時:毎週水曜日15:20~(膝痛)
毎週土曜日12:20~(肩こり)
参加費:500円
持ち物:ボールペン、タオル、水
講師:小林央和

申込み:お問合せにて「名前」と
「〇月〇日に肩こりor膝痛の教室に参加したい」と
お伝えください。

お問合せ

LINE@も始めたので、こちらからも申し込みが可能です。
LINE@ID:@ifu8839s

関連記事

  1. ドライアイ、目の疲れの改善方法

  2. 肩こり・膝の痛みのための立ち姿勢チェック

  3. 身体の不調から元気になる方法

  4. 耳がガーとふさがった感じがする〜耳鳴り改善法〜

  5. 若々しい血管を保つための7個のポイント

  6. 運動不足でダイエットするなら20~40分の有酸素運動

最近の記事