ヒアルロン酸などのサプリメントについて

おはようございます!大阪市住之江区を中心に整体&トレーニングで活動している小林央和(てるかず)です。

以前から、整形外科で仕事していた時や訪問でリハビリや運動指導をしていると「こんなサプリメント」どう?と聞かれることがよくありました。

多くの高齢の方は年金生活でお金がないと話されることがあっても、サプリメントで3万円以上使ってるという現状があり、少し驚きました。実際使ってみて効果はどうなのか?聞いてみても「よくわからん」とほぼ全員が答えていました。

そこで気になって調べてみると、日本整形外科学会のホームページでサプリメントの効果について書かれているページをみつけました。以下引用↓

「サプリメントの効果について
――最近、煩いぐらいにヒアルロン酸とかコラーゲンとかの飲むサプリメントの宣伝がテレビで流れております。 私の知る範囲でも相當に高価な、この種のサプリメントを常用している者もいます。効果はあるのでしょうか。

ヒアルロン酸は、関節内投与(注射)に関しては、膝関節と肩関節のみ保険(診療報酬)で公的に認められています。 これは科学的データに基づき有効性が認められているからです。

お尋ねのヒアルロン酸の経口摂取の有効性については、現在のところ相反したデータが出されています。ただ有効と結論づけたデータも自覚的に痛みが良くなったというものであって、例えばX線(レントゲン)検査などで改善したというような科学的データではありません。

単純に考えれば、ヒアルロン酸のような巨大分子腸管で吸収される時分解されてしまう筈ですから、直接関節に行って良くなるとは考えにくいと思います。すると次には分解されたとしても軟骨の材料を提供するわけだから良いはずだという反論が考えられます。
しかし、現在の飽食の日本で若者と年配者で食事の内容が変化して、年配者ではヒアルロン酸の材料が不足するということも考えにくいでしょう。関節症の問題はむしろ受け手の代謝過程に問題があるというほうが考えやすいと思います。
さらに自然ではありえない程の大量投与をしたら効果が出ないかといえば、それは分りません。結果は存じませんが、以前アメリカでもビタミンCの大量療法が行なわれたことがあると聞いたことがあります。

一般にサプリメントとして販売されているものは、科学的データとして有効性が認められていないために保険では認められていません。しかし、全く効かないというデータもないのです。あるいは個人差があるということも可能性としてはありうると思います。

従って日整会では、『これは無効であるから飲むな』と言うことを公式に述べることはできないのです。既にこれらを飲んでいるかたの場合は、ご本人が判断し、有効でないものは続けないようにしていただきたいと思います。
現在市販されているものでも、科学的に有効性が明らかになれば将来厚労省が薬として認めることになると思います。」

ということが書かれています。

まとめ

要は、ヒアルロン酸などの注射は科学的に有効性は認められているが、サプリメントとして口からの摂取は科学的に有効性が認められておらず、理論的には口から摂取すると腸で吸収されて関節まで行き届かないとのことです。

しかし全く効果がないというデータもないので、絶対にダメだと言い切ることも出来ないみたいです。

僕なら、良いと思ったらまずは一つずつ試してみて、そのサプリメントの効果を検証します。炎症による痛みなどと区別しながら、1・2週間ほど続けて効果がなければすぐにやめます。
一気に複数のサプリメントを買ってよくわからずお金だけが浪費される方もいるので、1ずつ自分に合うかを確認しながら摂取するのがいいかなと思います。

もしサプリメントを摂っても、病院いっても、痛みや不調が続く方は、生活や心身のクセによるものが大きいかもしれません。その場合はご相談していただけたらと思います。

関連記事

  1. 自宅でも短時間で体温を高める方法

  2. 若々しい血管を保つための7個のポイント

  3. 家の階段でぐきっとなって…どうしたら膝の痛みが緩和されるのか?

  4. 物忘れを防ぐ方法

  5. どうしようもない痛みの対処法

  6. 運動不足でダイエットするなら20~40分の有酸素運動

最近の記事