トライアスロン~八の字・スラローム~

こんにちは!

大阪の住之江と尼崎、芦屋でパーソナルトレーナーの活動しながら、トライアスロン選手を目指している小林てるかずです。

今日は朝起きると体幹と背中が筋肉痛?で起き上がるのが辛かったです。リレーマラソンの疲労がまだ残っているのか?!
最近自分の身体に関しての気づきが、普段は1日で疲労が無くなるのですが、だいたい心拍数190超える練習をすると2日以上疲労が残るということです。

 

人によっては心拍数200超えてもしんどさが違う人もいますが…

僕の場合は一人でとてもきついと感じる練習をしている時は心拍数185を超えることが無いので、誰かがいてやっと自分の中のリミットが外せて、外れたと感じる時に心拍数が190超えます。

 

年齢を重ねると最大の心拍数が1ずつ減るそうです。ですから若いころのようには最大に心拍数を上げようとしても難しいこともあるかもしれません。

特にフルマラソンでサブフォー(4時間)を切るのであれば㌔5分35秒くらいのペースで走り続ければ良いので、健康のためにもそんなスピードを上げて最大心拍数を高める必要はないかもしれませんが…。

 

僕の場合は疲労を感じたらしんどい練習をせず、ドリルや技術練習、コンディショニングのためのエクササイズ・ストレッチをしています。

 

なので、今日は自転車でスラロームと八の字をメインに練習しました。

 

実は昔ツーリングで山道のカーブで中型バイクを運転していて事故したことがあり、死にかけたことがあるのでカーブへ尋常じゃないくらい恐怖心があります。

ですから、このオフシーズンの間にカーブを克服したいと思います。

・スラローム

ペットボトル6個を大股2歩分くらいの間隔で置き、並べてみました

 

・八の字

真ん中にペットボトル2本置き、間隔1mをメジャーで測り並べました。

 

恐怖心以前に重心移動が下手くそなので曲がるときに上半身に余計な力が入ります。30分ほど練習してみると少しずつ力が抜け、動きがマシになっているような気がしますが、まだまだですね。

 

・他にも片脚ペダル、高回転ペダルでぺダリング練習、重心移動など意識

 

速くなるにはしんどい練習をするのも大切ですが、ケガせず続けるためにも、こういう地道なトレーニングも非常に重要だと感じます。

 

どのスポーツも今以上に上手くなるか?ならないか?は身体の使い方を継続して意識できるかがポイントだと思います。

バイクだと人を巻き込み命に関わるのでなお更大切です。

 

僕もまだまだなので少しずつ積み重ねていきます。

関連記事

  1. コンディショニングのための陸トレ

  2. トライアスロン認定記録会に向けて~11月スイム400mTT~

  3. サブフォーを達成する方法②~練習方法について~

  4. 1ヵ月!自己ベスト更新~400mスイム~

  5. 2018年になってから~近況報告~

  6. サブフォーを確実に達成する方法①

最近の記事